moutainmessive

チケット購入はこちら

artistアーティスト

ishinotakkyu
石野卓球
1989年にピエール瀧らと"電気グルーヴ"を結成。1995年には初のソロアルバム『DOVE LOVES DUB』をリリース、この頃から本格的にDJとしての活動もスタートする。
1997年からはヨーロッパを中心とした海外での活動も積極的に行い始め、1998年にはベルリンで行われる世界最大のテクノ・フェスティバル"Love Parade”のFinal Gatheringで150万人の前でプレイするという偉業を成し遂げる。
1999年から2013年までは1万人以上を集める日本最大の大型屋内レイヴ"WIRE"を主催し、精力的に海外のDJ/アーティストを日本に紹介した。2004年は約3年振りとなるアルバム『TITLE#1』、4月には『TITLE#2+#3』(2枚組)を2ヶ月連続でリリース。その海外編集盤『TITLES』はヨーロッパ・アジア各国でもリリースされた。2005年は4枚目となるDJ MIX CD『A PACK TO THE FUTURE』をリリース。
2006年はTOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシと新ユニット“InK(インク)”を結成し、オリジナルフルアルバム『C-46』を、2007年にはInKのセカンドアルバム『InK PunK PhunK』を8月にリリース。2010年には6年振りとなるオリジナルソロ作品『CRUISE』をリリースし、2012年7月には1999年より2011年までにWIRE COMPILATIONに提供した楽曲を集めたDisc1と未発表音源などをコンパイルしたDisc2との2枚組『WIRE TRAX 1999-2012』をリリース。2015年12月には、New Orderのニュー・アルバム『Music Complete』からのシングルカット曲『Tutti Frutti』のリミックスを日本人で唯一担当した。現在、DJ/プロデューサー、リミキサーとして多彩な活動をおこなっている。

www.takkyuishino.com
Kza
Kza (Force Of Nature)
サンプリング/ヴァイナル文化への強い愛情を胸に、ダンス・ミュージックを独自のスタンスで追求し続けるDJ/プロデューサー。
2009年、KZA名義初のファースト・アルバム『D.A.E.』をMule Musiqのサブ・レーベルEndless Flightからリリース。2010年12月、最新シングル「Le Troublant Acid」をリリース。また2010年よりアナログのみのレーベルLet's Get Lostをスタート。
2014年2ndアルバム『D.A.E. 2』をリリース。
takaakiito
TAKAAKI ITOH (WOLS/RESIDENCE)
名実共に日本を代表するテクノDJ。ベルリンの世界最高峰クラブ BERGHAINでのPARTYをはじめ、オランダ最大級の野外フェスティヴァル、ハンガリー、スペインなどといった各国の大規模のイベント、フェスティバルに出演。国内では横浜アリーナで開催された最大級の屋内レイヴに2011年、2013年と二度の出演を果たす。また2014年には国内最アンダーグランドとされる千葉のPARTYにゲスト出演。各国メディアからは「ジャパニーズ・アンダーグラウンドテクノキング」との名称が与えられ、そのハードかつストイックに展開するサウンドスタイルで世界中に多くの信者を持つ。これまでに50を超えるトラック, EPのリリースと並行して世界二十カ国以上の200を超える都市でDJ、ライブを経験。2003年には自身のレーベル"WOLS"をスタート。トラックとDJプレイに一貫する、『テクノが持つ可能性をストイックに探求』、そして『音に妥協を許さないそのスタイル』に加えて 『テクノの概念をさらに前進させる、独自のインダストリアル観を持つグルーヴ感』に特化したそのDJ/LIVEプレイはクラウドに新鮮な衝撃を与え、熱狂させている。
djsodeyama
DJ SODEYAMA [ARPA records]
自身のレーベル『ARPA records』とレーベルショーケース『ARPA showcase at WOMB』を主宰。日本全国のクラブやフェスティバルでプレイし、日本最大の屋内レイブ『WIRE』には3年連続(11&12&13年度)で出演。韓国、台北、北京、香港、ドイツ、オランダ、イギリス、ギリシャ、オーストリア、カナダ等でもツアーを敢行するなどワールドワイドに活動している。数多くのレーベルからオリジナル及びリミックス等の作品をリリース。2011年には世界最大手ダンスミュージックディストリビューター『wordandsound』配給のもと、自身の新レーベル『ARPA RECORDS』(アナログ&デジタル)を立ち上げる。第1弾リリース『DJ SODEYAMA / MILES』はNICK CURLYがリミックスを務め、第2弾以降もGLIMPSE、RADIO SLAVE、TIM XAVIER、CHRISTIAN BURKHARDT等の強力なリミキサーを迎えた内容で注目を集める。SVEN VATH、RICHIE HAWTIN、LOCO DICE、JOSH WINK、DUBFIREをはじめとした世界中のDJ達がプレイ。自身の名義の他にダウンビートプロジェクト『LO:BLOC』としてアルバム『FROM NORTHERN CLIMS』を2009年にリリース。 2013年に新たに始動したニュープロジェクト『THE PEOPLE IN FOG』としての1stアルバム『A RAY OF LIGHT』のリリースを切っ掛けに、アムステルダムを拠点とするレーベル『SOUND OF VAST』から『DEEP EP』をリリース。オランダで開催されている世界最大のフェスティバル『ADE』に招聘される。2015年秋にはDJ SODEYAMAとしては8年振りのニューアルバム『TWELVE PROCESSING』のリリースや、海外レーベルからのリリースを控えている。多角的視点からのエレクトロニックミュージックを軸とし、唯一無二の世界を創りあげるアーティストである。
gonno
GONNO (WC | Merkur | mulemusiq | International Feel)
日本の次世代ハウス/テクノを代表する旗手として、アシッドかつメロディック、幅広くストーリー性溢れるプレイで各地で活躍。
2011年にInternational Feel Recordingsからリリースされたシングル"Acdise #2”が、ロラン・ガルニエやジェームス・ホールデン、フランソワ・ケヴォーキアンやDJエンマ等にプレイされ、2011年のベストテクノレコードと言えるヒットを記録。
2013年にはジェフ・ミルズ "Where Light Ends" のリミックス提供を初め、NYのBeats In Space Recordsからの"The Noughties EP"、ALTZとのスプリットシングル、Calm別名義K.F.のリミックス等を次々と発表、海外公演も数年に渡り行い、同年にはロンドンBoiler Roomに初出演も果たした。
2015年には4年ぶりにInternational Feelより新作”Obscurant”を発表。従来のアシッド/メロディックな要素を残しながら、スローモーかつポストクラシカルなアプローチを意欲的に取り入れた本作も、収録曲”A LIfe With Cralinet”はVice Magazine UKの音楽チャンネル “THUMP”の2015上半期において4位に取り上げられている。
8月には自身10年振りの、ワールドワイドではデビュー作となるアルバム “Remember The Life Is Beautiful”を発表、PitchforkやResident Advisorなど海外各メディアで賛辞を得る。 毎年恒例の欧州ツアーも2015年秋にはベルリンPanorama BarやグラスゴーSub Clubをはじめとした各国で大盛況に終わり、Boiler Roomの5周年にも出演し話題となった。
また、Berghainが運営するOstgut TonよりNick Hoppnerとのコラボレーション・トラックEP「Fantastic Planet」を7月リリース予定。


Gonno Boiler Room Tokyo 5th Birthday DJ Set
https://www.facebook.com/GONNO-235886486469829/
http://www.residentadvisor.net/dj/gonno
haruka
Haruka (Future Terror)
近年、Harukaは日本の次世代におけるテクノDJの中心的存在として活動を続けている。
26歳で東京へ活動の拠点を移して以来、DJ Nobu主催のパーティ、かの「Future Terror」のレジデントDJおよび共同オーガナイザーとして、DJスキルに磨きをかけてきた。
彼はUnitやContact Tokyo、Dommuneなど東京のメジャーなクラブをはじめ、日本中でプレイを続けている。また、フジロックやRuralなどのフェスでのプレイも経験。
Harukaは、緻密に構成されたオープニングセットからピークタイムのパワフルで躍動感のあるテクノセット、またアフターアワーズや、よりエクスペリメンタルなセットへの探求を続ける多才さで、幅広いパーティで活躍するDJだ。このような彼特有の持ち味は、Juno Plusへ提供したDJミックスやClubberiaのポッドキャストシリーズにも表れている。

コンスタントなDJ活動に加え、DJ Yaziとのユニット「Twinpeaks」では、即興的なライブアクトを実践している。2016年のFuture Terrorニューイヤーパーティで披露した長時間のクロージングセットは、彼の音楽的な方向性を象徴するとりわけ重要なセットであり、現在のプレイにも繋がるものである。
djkyoko
DJ KYOKO(ディージェイ キョーコ)
2003年に本格的なDJキャリアをスタート。キュートなルックス&キャラクターからは想像できないパワフルさで年間120本に及ぶパーティのDJを務め上げ、国内外の有名DJ、気鋭アーティストとも 多数共演を果たす。2008年9月にはYATTと共にコンピレーション•アルバム【ELECTRO ME】の監修を務めた。
2009年7月〜2010年12月にリリースされたOFFICIAL MIX CD【XXX】シリーズ4作は、MIX CDとしては異例の高セールスを記録する。
2012年1月にはPONY CANYONより、前4作の集大成であるMIX CD【PAPER TRAIL OF NIGHTS】、 2013年1月にはベルリンのレーベルFarbenより【Time's Fool】をリリース。 2016年、新しいMIX CDのリリースに向けて制作中。
東京だけに留まらずに日本全国、アジア各国のダンスフロアからラブコールが止まぬ存在である。

https://www.facebook.com/djkyokoofficial
http://djkyoko-droptokyo.tumblr.com/
hironoritakahashi
HIRONORI TAKAHASHI (ACONITO, INFORMA, CHRONICLE, ARTS, SEMANTICA etc)
ACONITO, INFORMA, SHAPELESS, AIMERSSE.ORG. SEMANTICA, STROBOSCOPIC ARTEFACTS, GRANULART…数多くのレーベルで活躍する日本人アーティスト。DISK UNIONお茶の水CLUB MUSIC SHOPを経て、下北沢CLUB MUSIC SHOPスタッフ。最近では、ARTSからIORIリミックス収録のシングル「Silent Dimension」を、DRAFTED主宰イタリアの新鋭レーベルMM AUDIOから「Metaphysical Forces」をリリース。
Kza
SHINYA TAKATORI (RANKandFILE RECORDS / RAF-REC)
RANKandFILE RECORDS主宰。2013年に山形市にオープンしたUsed cd/record & cafe RAF-RECの店主。
DJとしては現在、山形、仙台を中心に活動。ダンスミュージックとしてだけではないクラブにおける音楽表現を追求するそのDJプレイは、すべての「音」を飲み込み、 3台のターンテーブル、エフェクター、そして自身がもつ独特のミキシングやスクラッチを駆使し紡ぎだされる。
自身の楽曲をスクラッチを多用しながらミックス、再構築していくライヴプレイも含め、スピリチュアルとフィジカルが融合した空間が創りあげられる。 2010年春にはkashiwa daisukeのアジアツアーにサポート(ターンテーブル)として帯同。
2004年にリリースされた自身初のDJ MIX CDR『the view of showgazing』を、2007年にはinner scienceのレーベル【blendingtones】 よりMIX CD『natural unity』をリリース。 2008年には12inch vinyl『Our Usual Nightmare ep』を、2009年には1st album 『Naked Season』を自らのレーベルRANKandFILE RECORDSからリリース。 そして2012年9月には3年ぶりのalbum『Parallel Season』をリリースした。現在3rdアルバムを鋭意制作中。

http://rankandfilerec.com/